外部サービスとの連携でアクセスアップ

TwitterやFacebook、ブログやInstagramなど、ソーシャルメディアとの連携でアクセスアップ

TwitterやFacebook、ブログやInstagramなど、ソーシャルメディアとの連携

ホームページをたくさんの人に見てもらうために、Facebook、Twitter、など、外部ソーシャルメディア(SNS)との連携を行うことで、より多くの入口からサイトへアクセスしてもらうことが出来ます。

ホームページには、SNSのタイムラインや「いいね!」のボタンを設置したり、Instagramの投稿写真をリアルタイムに表示して、フォトギャラリーにしたり。

一方で、それぞれのSNSからは、ホームページへリンクを貼ってアクセスを呼び込みます。

 流行のツールをうまく組み合わせる

2000年代の初め頃から、ブログがブームになりました。その後、mixiが爆発的に人気を得た時代もありました。どちらも2012年前後にピークを迎え、現在では若干その人気は弱まっています。

その替わりにあらわれたのがツイッター、フェイスブック、Instagram、Google+などに代表されるソーシャルメディアで、現在それらが浸透してきています。

それらの流行は、やがて時の変化とともに移り変わっていくでしょうが、インターネットをビジネスに活用する上で、母体としてのホームページの重要性は変わっていません。

それと同時に、WEBの世界では、「とりあえず流行りに乗ってみる」というスタンスが、とても重要な戦術でもあるのです。
なぜなら、流行っているものには、多くの人が集まっているからです。
人通りの少ない場所でお店を開くよりも、多くの人でにぎわう場所の方が、たくさんのお客さんに来てもらえるのと同じです。

時代のニーズに合わせ、現在主流となっているSNSツールをうまく利用しながら、ホームページ活用の戦略ツールとして連携させていくことが、大きな相乗効果につながっていきます。

ソーシャルメディアとの連携

 お問い合わせ

○ お電話によるお問い合わせ
(営業時間 9:00〜20:00)

お電話によるお問い合わせ

○ メールフォームからのお問い合わせ・お申し込みは → こちらから