WordPressに向いているサイト、向いていないサイト

As DesignRoomでは、自分で更新できるスペースを持ったホームページサービスをご提供しています。そのシステムには、「WordPress(ワードプレス)」を採用しています。

→ 「自分で更新出来るホームページ

 

WordPressは、世界でもっとも多くの人に使用され、大手企業などでも採用されているものですが、万能ではない点は注意が必要です。

 WordPressに向いているページ、向いていないページ

WordPressを導入すれば、ブログ感覚で自分で更新できる!どんなページも、WordPressで作ればOK!と考えてしまうと、少し問題があります。

たとえば、日々積極的な更新をしていくのであれば、WordPressは是非入れたほうが良いでしょう。しかし、いったんホームページを完成させたあと、ほぼ更新するつもりがないのであれば、導入にかかるコストが無駄になってしまいます。

 

WordPressのシステムを導入しないほうが、初期の制作費はおさえられるからです。

 ページごと、デザインにこだわりたい場合には向いていない

WordPressで行う更新作業は、基本的にテキストと写真がメインです。
各ページで違うレイアウトにしたい、凝ったデザインにしたい、あるいは、加工した画像を使いたい、タイトルデザイン、バナーなどを作って使用したい、等といった場合には、プログラミングや画像編集といった専門の知識が必要になってきます。

 

WordPressでは、各ページに共通のデザインを最初に作り、そのテンプレート上に記事を更新します。

スタッフブログなどの日記的なもの、新製品や新商品の紹介、休日のお知らせなど、テキストと写真で作成できるページづくりに非常に向いています。

しかし、ページそのもののレイアウトやデザインの変更、画像の加工などが必要になる場合には、WordPressとは別に、通常のページ作りを行う必要があります。

同じページデザインを使って、誰でも手軽に更新できるのがWordPressの最大の魅力で、更新料をかけず、自分で更新が出来ることの理由なのです。

 リアルタイムな発信が得意

 上記のようなことから、WordPressは、最新の情報をリアルタイムに、いち早くお知らせすることが得意です。
手順をレクチャーすれば、その日入ったスタッフでも更新作業をすることが出来ます。
新商品、イベントのご案内、最新のお知らせなど、ホームページ制作業者にその都度依頼することなく、自分たちで素早く更新することが出来るのです。更新を依頼するたびに発生する料金もかかりません。
手軽に更新できるため、更新の頻度も上がり、GoogleやYahooなどの、検索エンジン対策にも有効です。
更新が増えれば増えるほど、検索結果の上位に来やすいという大きなメリットがあります。

 

 お問い合わせ

○ お電話によるお問い合わせ
(営業時間 9:00〜20:00)

お電話によるお問い合わせ

○ メールフォームからのお問い合わせ・お申し込みは → こちらから